モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

エンパシーとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

「エンパシー」とは、他人の気持ちや感情を理解し共感することです。

具体的な使用シーン

シーン1

友達が悲しい顔をしているとき、その友達の気持ちに寄り添って、「大丈夫?何かあったの?」と声をかけることがエンパシーの表れです。

シーン2

先生が誰かの間違いを指摘するとき、その人の気持ちを考えて、「それは間違っているけど、大丈夫。次はもっと気をつけようね」とやさしく声をかけることもエンパシーです。

シーン3

自分の考えとは違う意見を持つ友達と話をするとき、相手の立場や気持ちを理解しようとして、「そういう考え方もあるんだね。なるほど」と相手の意見を尊重することもエンパシーになります。

ユニ

「エンパシーっていうのはね、相手の気持ちをわかってあげることなんだよ!だから、友達が泣いてるときには一緒に泣いてあげたり、誰かが間違いをしたときには叱らずに励ましてあげたりするんだね!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次