モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

クリエイティブアボイダンスとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

「クリエイティブアボイダンス」とは、新しいアイデアや解決策を見つけることを避けがちな状態のことを指します。

具体的な使用シーン

シーン1

あるチームが新しいプロジェクトのアイデアを出そうとしているけど、何度も同じようなアイデアが出て、新しい方向性に踏み込めない状況が続いているとき、「このままじゃクリエイティブアボイダンスに陥ってしまうな」と認識し、チームで新しい視点を探すためのワークショップを開催する。

シーン2

個人のアーティストが自分の作品制作でいつも同じような手法やモチーフにとどまり、新しいアプローチを試すことを避けがちな状態に気づき、「クリエイティブアボイダンスから抜け出すために、新しい技術や素材を取り入れた作品を作ってみる」と決意する。

シーン3

ある企業のマーケティングチームが、過去の成功例に安住せずに新しい市場やターゲットにどうアプローチするかを模索しているとき、「クリエイティブアボイダンスにはまっているかもしれない。新しい消費者のニーズに合った斬新なキャンペーンを考えるために、市場調査を再度行い、新しいアプローチを検討する必要がある」と議論する。

ユニ

「なんかさ、クリエイティブアボイダンスってのは、新しいアイデアを避けがちな状態のことなんだよ。つまり、同じようなことの繰り返しで、新しいことに挑戦したくないって感じ。それでさ、例えば自分の作品作りでも、いつも同じようなことばかり続けるんじゃなくて、新しいアプローチを試してみるってことが大事なんだね!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次