モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

「合理化」とは?心理学で言う合理化現象について知っておこう

目次

1.はじめに

日々の生活の中で、誰もが無意識に行っている心理的な防衛機制の一つ、それが「合理化」です。例えば、試験勉強を後回しにして遊んでしまった時、「実は休息も大切なんだ」と自分を納得させたり、値段の高い買い物をしてしまった後に「これは長く使うから結果的に得だ」と思い込むことなど、人は自らの行動や感情、欲求を理性的な理由づけで正当化しようとします。

しかし、この合理化が行き過ぎると、自己成長の妨げになることもあります。本記事では、「合理化」の心理学的な意味や具体的な例、そのメリット・デメリットについて解説します。また、他の防衛機制との比較や、合理化を理解し思考のくせを改善するための方法についてもお伝えします。

2.合理化とは?

(1)心理学での定義と意味

心理学における「合理化」は、自己の行動や思考、感情を合理的なものとして説明し、受け入れる防衛機制を指します。例えば、試験に失敗したとき、「あの試験は僕の能力を正しく評価するものではない」と自己を納得させる際に働きます。

行動や思考合理化の例
試験に失敗「あの試験は僕の能力を正しく評価するものではない」
望まない結果「それは僕が求めていたものではなかった」
失敗「私には間違いなどない、他人のせいだ」

合理化は一見マイナス面のように思えますが、それを通して人は自己の自尊心を保ち、ストレスから解放されることもあります。ただし、自己の成長を妨げる可能性もあるため、適度な自己反省や客観的な視点の維持も大切です。

(2)具体的な行動や例

「合理化」が具体的にどのような行動に現れるか、いくつかの例を挙げてみましょう。

1つ目は、運動会で走りきってもらんなかったとき、「勝つことは大切ではない、参加することが重要だ」と自分に言い聞かせるケースです。この場合、自己評価を保つために、勝利よりも参加の重要性を強調しています。

2つ目は、ダイエットをしている最中に甘いものを食べてしまったとき、「ストレス解消のためだから大丈夫」と自己正当化するケースです。ここでは、自己批判を避け、不安感を軽減するために合理化が用いられています。

このように、合理化は日常生活の中で頻繁に見られる心理的な防衛機制です。

3.合理化のメリット

(1)不安や悩みを抑える

合理化は、心理的な不安や悩みを抑えるための有効な手段です。人は、矛盾した感情や理想と現実が一致しない場合に、心の中で混乱を感じることがあります。 この状態を「認知的不協和」と言います。その不協和を和らげるための一つが「合理化」なのです。

例えば、ある目標に向かって努力してきたにも関わらず結果が出なかったとします。そんな時、自分を労わるために「結果が出なくても、その過程で学んだことは大事だ」と自分に言い聞かせるのが合理化です。

不協和状態合理化による解釈
目標に向けた努力が結果を出さなかった「結果が出なくても、その過程で学んだことは大事だ」

このように、合理化は不安や悩みを抑え、自己の心を安定させる効果があります。しかし、過度に依存すると自己成長の妨げになる可能性もあるため、その点は注意が必要です。

(2)自信がつき、他者依存を解消できる場合

合理化は、自己の行動や感情を正当に説明することで自信を持つための手段として役立つことがあります。自己の行動を客観的な視点で理解し、説明することで、他人の意見や評価に左右されずに、自分の感情や行動を肯定的に捉えられるようになるのです。

例えば、これまで自分の行動が他者からの評価に左右されがちだった人が、「私はこれでいいんだ」と自己肯定感を持つために、自身の行動を合理化するケースが考えられます。

表1. 自己の行動の合理化例

行動合理化した例
締切を過ぎて提出「他の仕事で忙しく、質を重視した結果」
友人との約束をキャンセル「自分自身のメンタルヘルスを優先」

ただし、適度な合理化と過度な合理化は異なります。適度な自信や自己肯定感を得るための合理化は良い結果をもたらすことが多いですが、過度な合理化は自己を正当化しすぎる結果、他者とのコミュニケーションに支障をきたす可能性があります。

(3)衝動を抑える材料となる

合理化は、心理的な不安や葛藤からくる衝動を抑制するための一つのツールです。人間は、不適切な行動をとる衝動を感じたとき、それが自己の価値観や社会的なルールに反すると理解しているところから、その衝動を抑える必要が生じます。

ここで、「合理化」が登場します。合理化により、人間は衝動を行動に移す前に、その衝動が自身の価値観や社会的なルールと矛盾しない理由を見つけ出し、行動を抑制することができます。

たとえば、「今日は疲れているから運動をパスしてもいい」と自分自身に言い聞かせ、運動から逃れることがこれにあたります。このように、合理化は自己の衝動を抑える効果的な手段となり得るのです。

(4)相手に共感できる言葉を見つけられる

合理化には、相手とのコミュニケーションを円滑にするというメリットもあります。それは、自分の行動や心情を他人に理解してもらうための「共感できる言葉」を見つける手段となるからです。

たとえば、社会的に認められにくい自分の行動を「気分転換」や「ストレス解消」だという理由で説明することで、他人への理解を求め、共感を引き出すことが期待できます。

以下に表で具体例を示します。

行動合理化の言葉理由
仕事をサボる気分転換長時間働いて疲れていたから
高額な買い物ストレス解消仕事でストレスが溜まっていたから

しかし、このような合理化が過度になると自己陶酔や自己正当化につながりかねません。そこで次の章では、合理化のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

4.合理化のデメリット

(1)言い訳するくせがつき、成長しにくくなる

「合理化」が行き過ぎると、出来事に対する自己の責任や役割を避ける「言い訳」に変わってしまいます。例えば、自分の遅刻を「電車の遅延」のせいにしたり、「期末テストで悪い点を取ったのは教師の問題文がわかりづらかったからだ」と全てを外部の要因に押し付ける行為です。

これが常態化すると、自身の成長を阻む障害となります。なぜなら、改善すべきポイントや反省すべき行動を見逃す可能性が高まるからです。

下記の表で、合理化が行き過ぎた場合の具体的な影響を示します。

影響
心理的自己否定感、無力感が増す
行動面問題解決能力の低下、自己啓発意欲の減退
社会的人間関係の悪化、信頼感の低下

以上を理解し、自己の振る舞いに対する警戒心を持つことで、このデメリットは避けられます。

(2)合理化した言葉をそのまま発して、悪い印象を与えてしまう

合理化のデメリットとして特に注意すべきなのが、誤って自身の信頼性を損ねる可能性があることです。その原因は、合理化した結果をそのまま発言してしまう行為にあります。

例えば、プロジェクトが遅延した時、それが自分の管理ミスによるものであるにも関わらず「他の仕事が忙しくて手が回らなかった」等と述べてしまった場合、周囲からは言い訳と捉えられ、あなたの信頼性は損なわれてしまうでしょう。

また、仮にその言い訳が通用したとしても、自分自身がその理由を合理的だと信じ込んでしまうと、同じミスを繰り返してしまうリスクも増えます。

このように、合理化は適切に扱わなければ、自身の成長を妨げ、信頼性を損ねる可能性があるため、十分に注意が必要です。

5.合理化と他の防衛機制との比較

合理化は心理学の防衛機制の一つで、自己の行動や感情について理論的な説明を付け加えることで、不安や矛盾を軽減する役割を持っています。しかし、他の防衛機制と比較すると、合理化はその特性上、自己の自覚や自己成長への影響力が大きいと言えます。

例えば、代表的な防衛機制である「抑圧」は、不快な感情や記憶を無意識の内へ押し込めることで安心を得ますが、合理化はそれを理論的に分析し、認める行為です。また、「退行」は子供のような行動に逃避し、安心を得ますが、合理化は問題の根源に向き合い、それを理解しようとします。

以下の表で、複数の防衛機制と合理化を簡単に比較してみましょう。

防衛機制特徴合理化との違い
抑圧不快な感情や記憶を無意識に押し込める合理化は感情や行動を理論的に認め、理解しようとする
退行問題から逃避し、子供のような行動で安心を得る合理化は問題の根源に向き合い、理解しようとする

6.合理化を理解し、思考のくせを改善するための方法

合理化は自己の感情や行動を理論的に説明し、矛盾や苦痛を抑える心理的防衛機制ですが、過度に頼ると自己成長を妨げます。そのため、合理化の理解と思考の偏りを改善する方法を以下に提案します。

(1)自分の行動を振り返る: 自分が何をし、どう感じたかを定期的に振り返ります。それにより自己認識が深まり、合理化する傾向を見つけられます。

(2)他人の視点を取り入れる: 他人の意見を聞くことで、自身の思考や行動について新たな視野が広がります。

(3)フィードバックを求める: 自己の行動や思考について他人からフィードバックを得ることで、自身の合理化が見える化します。

これらのステップは徐々に行い、自己理解と合理化の傾向を改善することで自己成長を促します。

7.まとめ

この記事を通じて、「合理化」は心理学における防衛機制の一つであるということを理解していただけたかと思います。人はストレスや不安感を和らげたり、自己の行動や意思決定を正当化するために、無意識のうちに合理化のプロセスを行っています。

しかし、適度な合理化は自信をつける助けとなる反面、過度に合理化を行うと成長が阻害される可能性があることも覚えておきましょう。また、他人から見たときに不誠実な印象を与えるケースもあります。

自己の思考パターンを把握し、必要であれば改善することで、より健全な心理状態を維持し、対人関係も改善できるでしょう。心理学の知識から日常生活に活かす手段の一つとして、「合理化」について理解し適切に対処できるようになることが望ましいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次