モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

リフレクティブ・リスニングとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

リフレクティブ・リスニングとは、相手の話を注意深く聞き、理解し、その内容や感情を反射することで、相手に対して共感を示すコミュニケーションスキルのことです。

具体的な使用シーン

シーン1

友達が悩みを相談してきたとき、私はリフレクティブ・リスニングを使いました。相手の話をじっくり聞いて、理解した上で「君の気持ちが分かるよ」「その気持ち、よくわかる」と言って相手の気持ちに共感を示しました。

シーン2

会議で意見が飛び交っているとき、私はリフレクティブ・リスニングを使いました。相手の言っていることをしっかりと理解し、それに対して「なるほど、その視点も大事だね」と反射し、相手の意見が尊重されていることを示しました。

シーン3

子供が悲しんで泣いているとき、私はリフレクティブ・リスニングを使いました。子供の話を聞き、その感情を反映して「辛い気持ちだね」「悲しいんだね」と言って、子供の感情に寄り添いました。

ユニ

やっほー!リフレクティブ・リスニングってのは、相手の話をしっかり聞いて、それを反映して共感を示すコミュニケーションのスキルなんだよ!相手が嬉しい時も、悲しい時も、ちゃんと理解してあげることが大切なんだね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次