モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

リフレーミングとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

リフレーミングとは、ある出来事や状況を異なる視点や枠組みで捉え直すことを指します。つまり、同じ現象でも、新たな視点や解釈を加えて考え直すことで、その出来事の意味や価値が変わることがあります。

具体的な使用シーン

シーン1

リフレーミングを使った具体的なシーンは、例えば友達が試験に落ちてしまった時に、「試験に落ちたからダメだ」と考えるのではなく、「この結果から何を学んで次に生かすか」という新しい視点で捉えることができます。

シーン2

もう一つの例としては、失敗や挫折を経験した時に、「自分はダメな人間だ」とネガティブに考えるのではなく、「この経験から新しいチャンスや成長があるかもしれない」とポジティブな視点でとらえることができます。

シーン3

最後の例として、他人の行動や発言に対してイライラしたり、怒りを感じる時に、「何でそんなことをするのだろう」とネガティブな解釈をせず、「もしかしたらその人には理由や背景があるのかもしれない」という新しい視点で考えることができます。

ユニ

「リフレーミングってのは、同じ出来事でも違う角度から見直すってことなんだね!たとえば友達が試験に落ちちゃっても、その結果から何かを学んで成長できるかもしれないってポジティブに考えるんだよ!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次