モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

バウンダリーとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

バウンダリーとは、人と人の関係において、個々の自己と他者との間における心理的・感情的な線引きや境界のことを指します。

具体的な使用シーン

シーン1

友達との関係でバウンダリーが重要になる場面では、自分の意見や感情をしっかり伝えつつ、相手の意見や感情も尊重することが求められます。「私はこれが好きなんだけど、でも君はどう思う?」と尋ねることで、自分のバウンダリーを守りつつ、相手の考えにも興味を示すことが大事です。

シーン2

バウンダリーの例としては、職場での上司と部下の関係も挙げられます。上司は部下に対して指示を出しますが、その際にも相手の意見や状況を考慮し、「こういうやり方ができるかな?」と相談することで、部下のバウンダリーを守りながらコミュニケーションを図ることが重要です。

シーン3

恋愛関係でのバウンダリーの重要性もあります。相手との距離感を大切にし、自分の気持ちや意思をしっかり伝えつつ、相手の気持ちも尊重することが、健全な関係を築くために必要です。

ユニ

「バウンダリーってのはね、自分と相手の間にある見えない境界線のことなんだよ!自分の意見も大事だし、相手の意見も尊重することも大切なんだね!だから友達との関係でも、職場の上司と部下の関係でも、恋愛でも、バウンダリーを守りながら、お互いの気持ちを大切にしていこうね!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次