モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

RASとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

RASとは、Reticular Activating System(レチキュラーアクティベーティングシステム)の略で、脳の中心にある覚醒を調整するシステムのことを指します。

具体的な使用シーン

シーン1

友達と一緒にショッピングモールに行った時、ある商品の広告を見てRASが働き、その後数日間その商品の広告が目につくようになった。

シーン2

授業中、突然鳴り出した電話のベルに反応して目が覚めた。RASは外部からの音に反応して眠りから覚醒させる働きをしている。

シーン3

テスト前の夜、勉強している最中にお腹が空いてきた。すると、部屋中に広がる料理の匂いによってRASが働き、集中力が途切れてしまった。

ユニ

やっほー、みんな元気?RASって言葉、知ってる?RASはね、脳の中にあって、何かに反応したり、注意を引いたりする大事なシステムなんだよ!例えば、友達と話してるときに、一度気になる情報を見つけたら、それに関することが後からたくさん見えるようになるんだね!すごいでしょ?要するに、脳のお役立ちシステムって感じだね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次