モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

ゲシュタルトとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

「ゲシュタルト」は、ドイツ語で「全体像」や「形態」という意味を持ちます。心理学の分野では、物事をその全体として捉えることを指し、部分だけではなく全体の意味や価値を理解しようとするアプローチのことを指します。

具体的な使用シーン

シーン1

サッカーチームのコーチが選手たちに「ゲシュタルトでプレーすることが大切だ。相手と周りの状況も把握して、全体像を見ることがポイントだぞ」と指導しています。

シーン2

会議でリーダーが「今の議題をゲシュタルトで考えると、私たちの目標にどうつながるかが見えてきますね」と提案しています。

シーン3

心理カウンセラーがクライアントに対して「あなたの悩みはゲシュタルトとしての自己を理解することから始めましょう。全体像を見ることで、新しい解決策が見えてくるかもしれません」とアドバイスしています。

ユニ

「ゲシュタルトってのは、全部のパーツを見るんじゃなくて、全体を見ることなんだね!部分だけじゃなくて、周りや状況も考えて、全体像を理解するってことさ!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次