モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

あなたも無意識に?「現在志向バイアス」とは何かとその対策方法を解説

目次

1.はじめに:現在志向バイアスとは

現在志向バイアスの定義

現在志向バイアスとは、私たちが将来の利益よりも現在の価値を優先する傾向を指します。これは、即時の報酬を求め、後で恩恵を受けることができる選択肢を避けるという人間の自然な行動から生じます。

以下にその具体例を表で示します。

現在志向バイアスが作用する場合現在志向バイアスが作用しない場合
選択肢A今すぐ1000円得る3ヶ月後に1500円得る
選択肢B明日に2000円得る1年後に5000円得る

現在志向バイアスが働くと、即時の選択肢Aや、遅れて得るよりも早く得られる選択肢Bを選んでしまうことが多いです。このバイアスが無意識に選択を左右し、最適な結果を得られない場合もあります。

2.現在志向バイアスが生まれる心理的背景

現在志向バイアスが生まれる心理的な理由

現在志向バイアスが生まれる心理的な理由は、人間の脳が「即座の満足感」を重視する傾向にあるためです。人は何かを得るために労力を使うとき、その報酬がすぐに得られると感じると、行動を起こしやすくなります。さらに、「未来の不確実性」も影響します。未来の事象は確実性が低く、結果を予見することが難しいため、現在の確実な利益を選びがちです。

また、短期的な視点から判断する「マイオピア」も一因です。ビジョンや長期計画よりも、今直面する課題や緊急の問題に集中してしまう傾向があります。これらが組み合わさって、現在志向バイアスは生まれます。

これらの理由を表にまとめると以下の通りです。

心理的な理由説明
即座の満足感すぐに得られる報酬を重視する傾向
未来の不確実性未来の結果より現在の確実な利益を選びがち
マイオピア短期的な視点から判断する傾向

現在志向バイアスが経済行動に及ぼす影響

現在志向バイアスは、私たちの経済行動に大きな影響を与えます。具体的には、即時の報酬を優先してしまい、長期的な視点での最善策を見失う傾向があります。

たとえば、節約や投資といった行動は一見すると手間や苦労が伴います。しかし、これらは将来的に大きなリターンをもたらす可能性があります。しかし現在志向バイアスにより、その「将来の利益」よりも、「今、手に入る確定した利益」を選びがちです。これが、無駄遣いや短絡的な投資判断を生む原因となります。

以下の表は、現在志向バイアスが経済行動をどう変えるかを示したものです。

普通の判断現在志向バイアスによる判断
将来の大きな利益を見越して節約・投資即時の小さな利益を優先して消費
無駄遣いを抑える即時の満足感を追求して無駄遣い
長期的な見通しで投資判断短期的な視野で投資判断

このように、現在志向バイアスは経済行動に大きな影響を及ぼし、理想的な結果を得られない可能性があります。それを意識し、対策することが重要です。

3.現在志向バイアスの具体的な事例

マシュマロ実験と現在志向バイアス

マシュマロ実験は、現在志向バイアスの具体例としてよく引き合いに出されます。この実験は、子供に今すぐマーシュマロを1つ食べるか、15分我慢して待てばマシュマロを2つもらえるという選択をさせ、その行動を観察します。

【表1. マーシュマロ実験】

選択肢待機時間獲得できるマシュマロの数
すぐに食べる0分1つ
待つ15分2つ

多くの子供がすぐにマシュマロを食べてしまうことから、人間が「今」の報酬を優先しがちである、つまり現在志向バイアスに陥りやすいことが示されました。この現象は、経済行動においても見受けられ、我々の意思決定に影響を及ぼすことが分かっています。

ビジネスや生活での現在志向バイアスの例

ビジネスの場面で現在志向バイアスが見られる一例として、製品開発における短期的な売上げ追求が挙げられます。新製品の開発は時間とコストがかかるため、即時の利益を優先する現在志向バイアスが働き、中長期的な視野が欠けがちです。

また、生活の中では、健康志向の人でもジムへの定期的な通い始めは困難なことが多いです。すぐに結果が出ないため、現在の快適さを優先し、運動を後回しにしてしまう現在志向バイアスが働きます。

これらの事例から、現在志向バイアスは日常生活からビジネスの場まで広範に影響を及ぼすことがわかります。

4.現在志向バイアスと他の認知バイアスとの違い

現状維持バイアスとの違い

では、現在志向バイアスと現状維持バイアスは何が違うのでしょうか。

現在志向バイアスは、人間が現在の報酬を未来の報酬よりも高く評価するという心理的傾向を指します。一方、現状維持バイアスは、既存の状態や選択を維持したいという心理的傾向を表します。

具体的に違いを見てみましょう。

現在志向バイアス現状維持バイアス
定義現在の報酬を未来の報酬よりも高く評価する傾向既存の状態や選択を維持したいという傾向
すぐに欲しい商品をローンで購入する選択肢が増えても初めに選んだものを選び続ける

以上からわかるように、現在志向バイアスと現状維持バイアスは、どちらも人間の意思決定に影響を及ぼすバイアスですが、その働き方や影響は異なります。この違いを理解することで、自分自身の行動を見直し、より良い意思決定をする手助けとなります。

正常性バイアスやアンコンシャスバイアスとの関連性

現在志向バイアスは、正常性バイアスやアンコンシャスバイアスといった他の認知バイアスとも密接な関連があります。

正常性バイアスは、自身の状況や環境が「常に通常通り」であるという過度な期待を持つ傾向です。例えば、災害リスクを過小評価する行動がこれに当たります。これは現在志向バイアスと共通して、現状を過度に肯定する傾向があります。

一方、アンコンシャスバイアスは、我々が無意識のうちに持つ偏見や先入観のことです。現在志向バイアスも同様に無意識に発生しますが、現在の状況を過度に重視する点で連携しています。

以下の表は、これら三つのバイアスの特徴を簡潔に示しています。

バイアスの種類特徴
現在志向バイアス現在の利益を過度に重視する
正常性バイアス現状を過度に肯定する
アンコンシャスバイアス無意識に偏見や先入観を持つ

それぞれのバイアスが自己の判断や行動にどのように影響を及ぼすかを理解し、自身のバイアスを認識することが重要です。

5.現在志向バイアスを認識し、対策する方法

自己認識と反省を促す方法

現在志向バイアスは、私たちが無意識のうちに陥りやすい思考の罠です。それを克服するために有効なのが、自分自身の行動や思考を客観的に見つめる「自己認識」です。どのような状況で、何に影響されて現在志向バイアスに陥っているのかを理解することが重要となります。

また、自身の行動パターンを振り返る「反省」も重要な対策方法です。特に決定を後悔した場合や結果が思うようにならなかった場合は、自身の思考の過程を再確認し、どこでバイアスに影響されていたかを探ることが求められます。

具体的には以下のような手法があります。

  1. 日記をつける:自分の思考や行動パターンを記録し、見直すことで自己認識を深めます。
  2. フィードバックを求める:他人からの意見を聞くことで、自身では気づかないバイアスを発見できます。

これらの方法を通じて、普段の生活の中で現在志向バイアスに陥っていないかを常にチェックし、それを改善していくことが求められます。

バイアス診断ゲームを活用する

現在志向バイアスに陥りやすい自分を見つける一つの方法として、バイアス診断ゲームを活用することが効果的です。これは、様々なシチュエーションを通じて自分の無意識の偏りや先入観を見つけるためのツールです。

例えば、「トレードオフゲーム」では、現在の満足感と未来の利益を天秤に掛ける状況を想定し、どちらを優先するかを選択させられます。これにより、どれだけ現在志向バイアスに影響を受けているかを理解できます。

また「優先順位付けゲーム」では、短期的な喜びと長期的な成功を比較し、どちらを優先するかを迫られます。

これらのゲームを通じて自己のバイアスを客観的に理解することで、より良い意思決定に繋げることが可能です。

外部の意見や視点を取り入れる方法

現在志向バイアスの対策として重要な一つが、外部の意見や視点を取り入れることです。これは、自分自身の視点だけでなく、他者の視野を取り込むことで、現在志向バイアスに引きずられず、より広い視点で事象を考えられるようにするための方法です。

具体的な手法としては、「意見を求める」という単純なものから始まります。例えば、ビジネスシーンでは、同僚や上司、部下から意見を聞くといった行動が該当します。また、個人の生活の中でも、家族や友人からの意見を求めることも有効です。

さらに、専門家やコンサルタントの意見を求めることもおすすめです。彼らは専門知識を持っているため、普段気づきにくい視点を提供してくれます。

以上のような方法を通じて、自身の現在志向バイアスを克服し、より良い選択をする手助けにしましょう。

6.まとめ:現在志向バイアスを理解し、より良い意思決定をする

私たちが陥りやすい「現在志向バイアス」を理解し、認識することにより、より良い意思決定が可能となります。このバイアスは我々が未来への予測や計画を疎かにし、現在の快適さや利益を優先する傾向を指します。

具体的な対策としては以下の3つがあります:

1.自己認識と反省:自分自身がこのバイアスに陥っていないか定期的に反省しましょう。

2.バイアス診断ゲーム:ゲームを通じて無意識のバイアスを見つけ出すことができます。

3.外部の意見を取り入れる:他人の視点を取り入れることで視野を広げ、より冷静な判断が可能となります。

これらの方法を活用し、現在志向バイアスを乗り越えることで、あなたの意思決定はさらに質を高め、見通し明快なものになるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次