モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

失敗しないために知るべき「計画錯誤」の意味と対策法

目次

1.はじめに

成功に向けての計画は、ビジネスや個人のライフスタイルを形成する上で重要な要素です。しかし、どんなに緻密な計画を立てても、予定通りに進まない事態が起こることがあります。これは「計画錯誤」と呼ばれ、この現象が生じる原因や具体的な事例、そしてその対策法を理解することで、未来の失敗を避けるための一助となります。

この記事では、「計画錯誤」という概念を明確に理解し、それがなぜ起こるのか、そしてどう対策すべきなのかを具体的な事例と共に解説します。これからプロジェクトを進行する方、計画を立てている方はもちろん、日々の生活で「計画通りにいかない」と感じている方にも参考となる内容です。

複数の具体的な事例を通じて、「計画錯誤」を理解し、未来の成功につなげましょう。

2.「計画錯誤」とは何か?

(1)定義と概要

「計画錯誤」とは、あるタスクの完了に必要な時間やリソースを過小評価し、結果的に計画が遅延したりコストが増大したりする現象を指します。この誤りは、個人の日常生活から大規模プロジェクトまであらゆる場面で起こり得ます。

具体的には、以下のような状況を指します。

  • 遅延:所要時間を過小評価し、計画通りに進行しない
  • コスト上昇:必要なリソースを過小評価し、初期予算を超過する

つまり、計画錯誤は、予想よりも多くの時間や費用がかかる現象を指す概念であり、その結果として生じる様々な負の影響を含みます。計画錯誤を理解し適切に対策することで、予期せぬトラブルを避けることが可能となります。

(2)実例による理解

「計画錯誤」の具体的な理解のために、あるプロジェクトの実例を挙げて考えてみましょう。このプロジェクトは、初めに設定した期限や予算を大幅に超過してしまいました。当初の計画では、期間は半年、予算は500万円で完了するはずでした。

項目当初の計画実際の結果
期間半年2年
予算500万円2000万円

これは典型的な「計画錯誤」の例です。期間が4倍、予算がなんと4倍も膨らんでしまったのです。このように、「計画錯誤」は目標を設定する際の過大評価や過小評価が引き起こす現象で、結果として計画が大幅に遅延したり、予算が増大したりします。

3.計画錯誤が起こる原因

(1)楽観主義の影響

計画を立てる際、楽観主義が原因で計画錯誤が生じることがあります。楽観主義者は、予想以上にスムーズに物事が進むと考えがちで、それが現実的な評価を歪めます。例えば、あるタスクが通常2時間かかると知っていても、「今回は1時間で終わらせられる」と考えることがあります。

この楽観的な見積もりは、「プランニング・フォールシー(Planning Fallacy)」とも呼ばれます。これは、自分自身や他人が過去に同様のタスクを達成するのにかかった時間を考慮せず、過度に短い時間でタスクを完了できると予測する傾向を指します。

それを防ぐためには、過去の実績や他の人の経験を参考にすること、そして余裕をもった計画を立てることが重要です。

(2)過去の経験を参考にしない傾向

計画錯誤の一因として挙げられるのが「過去の経験を参考にしない傾向」です。ここでは、過去の成功や失敗を学習材料として活用せず、同様の計画が再度錯誤するケースを取り上げます。

例えば、あるプロジェクトが予定より大幅に遅延したとします。しかし、次回同様のプロジェクトを計画する際、過去の遅延を踏まえて余裕をもったスケジュールを立てることなく、同じスケジュールを作成し、再度遅延してしまうケースです。

このように、過去の経験を活かさないことで計画錯誤は繰り返されます。実際に計画を立てる際は、過去の経験を反省材料とし、それを考慮に入れることが必要です。

(3)自己評価の過大評価

計画錯誤の一つの原因として、「自己評価の過大評価」が挙げられます。これは、自身の能力や達成可能性を過剰に評価し、計画を立てる際に現実的な見積もりができない状況を指します。

例えば、あるタスクが自分にとって容易であると過度に思い込むと、そのタスクにかかる時間やリソースを過小評価してしまい、結果、計画全体が狂ってしまう可能性があります。

この問題は主観的な見積もりに依存しているため、自覚が難しい場合も多く、未然に防ぐためには定期的なフィードバックや自己反省が重要です。以下の表は、過大評価の典型的なパターンとそれぞれの対策を示しています。

過大評価のパターン対策
自身の能力過剰評価客観的なフィードバックの導入
作業時間の過小評価経験者の意見を参考にする
リソースの過小評価事前の詳細な調査

このように、自己評価の過大評価は計画錯誤を招く大きな要因であり、自己評価の客観化が求められます。

4.具体的な計画錯誤の例

(1)シドニーのオペラハウス

シドニーのオペラハウスは、計画錯誤の一例としてよく引き合いに出されます。1957年に設計競争が行われ、デンマークの建築家ユトゾンの設計が採用されました。

設計当初の完成予定は1963年、予算は700万豪ドルでした。しかし、実際に完成したのは1973年と10年も遅れ、予算は1020万豪ドルからなんと1020万豪ドルまで膨らみました。

項目計画値実績値
完成年1963年1973年
予算70万豪ドル1020万豪ドル

この一例からも見て取れるように、計画段階での見積もりが現実とかけ離れていると、計画錯誤に繋がります。

(2)デンバー国際空港

デンバー国際空港の建設は、典型的な「計画錯誤」の一例です。当初の計画では、1993年に開業予定で14億ドルの予算でした。しかし、自動化荷物取り扱いシステムの導入に伴う問題から、開業は2年遅れの1995年にずれ込み、費用も53億ドルと大幅にオーバーランしました。

項目当初計画実績
開業時期1993年1995年
コスト14億ドル53億ドル

このケースでは、技術的な問題だけでなく、計画の立案段階での見込みの甘さも計画錯誤に繋がりました。計画を立てる際は、可能な限りリスクを織り込み、余裕を持って計画を立てることが重要です。

(3)豊洲市場移転

豊洲市場移転も計画錯誤の典型的な例です。2001年に初めて移転計画が発表され、当初のコスト見積もりは約3480億円、2004年秋の完成を目指していました。しかし、その後様々な問題が発生し、完成は15年以上遅れの2018年10月にずれ込みました。

-問題1:汚染土壌の対応 当初、汚染土壌対策費は含まれていませんでした。しかし、工事中に有害物質が混入している事が判明し、さらなる対策が必要となりました。

-問題2:コスト増加 最終的な費用は約6000億円と、当初見積もりの約1.7倍に膨れ上がりました。

豊洲市場移転の事例から学べることは、予測不可能なリスクが常に存在し、それに対する余裕を計画に組み込むことの重要性です。

5.計画錯誤を防ぐための対策

(1)人の性質を理解する

計画錯誤を防ぐためには、まず人間の性質を理解することが重要です。我々人間は、自分自身の能力を過大評価する傾向があり、また楽観主義者が多いです。そのため、計画を立てる際には、自身の能力を客観的に見つめ直し、極力リアルな見積もりをすることが求められます。

また、人間は新しい情報に対して反応しやすい一方で、古い情報に対しては消極的という性質も持っています。例えば、新しいテクノロジーや手法に対して過度に期待を持ちすぎると、その技術の落とし穴を見落とす恐れがあります。

表1. 人間の性質と計画錯誤への影響

人間の性質計画錯誤への影響
自己能力の過大評価過度な期待に基づく過大な計画
楽観主義現実を見失った計画
新しい情報への過度な反応未知の要素への対策の不足

これらの性質を理解し、それぞれの要素に対する対策を立てることで、計画錯誤を未然に防ぐことができます。

(2)タスクを小さく分割する

計画錯誤の一つの原因は、大きなタスクを全体として見ることで、その複雑さや時間を見誤ることです。これを防ぐためには、一つの大きなタスクを小さな部分に分割する方法が効果的です。

たとえば、家庭菜園を作るという計画があった場合、その一つ一つのステップを明確にすることで計画が見える化されます。

  1. 土地を見つける
  2. 土壌を耕す
  3. 種を植える
  4. 水やりをする
  5. 収穫を行う

上記のように分割することで、各タスクにかかる時間や労力を見積もりやすくなります。また、進捗が具体的に可視化されるため、モチベーション維持にもつながります。大きな計画を立てる際は、細部まで具体的に落とし込むことで計画錯誤を防ぐことができます。

(3)目的を明確化する

計画錯誤を防ぐ重要な要素の一つに、事業やプロジェクトの「目的を明確化する」ことが挙げられます。

目的がはっきりしていると、それに向かって最善の行動をとることが可能となります。逆に、目的の不明確さは計画をあいまいにし、結果として計画錯誤を招く可能性があります。

例えば、目的を「新製品の開発」ではなく、「新製品を開発し、6ヶ月以内に市場投入する」と具体的に設定することで、より明確な行動計画を立てることができます。これにより、計画が具体的になり、期限も明確になるため、計画錯誤のリスクを軽減できます。

また、目的の明確化は関係者全員の理解と行動の一致をもたらします。これにより、計画全体の進行がスムーズになり、計画錯誤を防止する効果が期待できます。

(4)過去の計画を参考にする

計画錯誤を防ぐ有効な手段の一つとして、過去の計画を参考にする方法があります。具体的には、以前に行った類似の計画の予算や完了までの期間などを調査し、それを現行計画の立案に活用するのです。

この方法の利点は、具体的な数値をもとにリアルな計画を立てられることです。過去の計画では予算オーバーや期間超過があった場合、その原因を分析して現行計画に反映させることで、同じ過ちを犯すリスクを低減できます。

以下に具体的な比較表を示します。 【表1】過去の計画と現行計画の比較

項目過去計画1過去計画2現行計画
予算100万円150万円120万円
完了期間2ヶ月3ヶ月2.5ヶ月

このように、過去の計画を参考にしつつ現行計画を作成することで、より現実的で効率的な計画が立てられるようになります。

(5)余裕を設ける

計画錯誤を防ぐために大切なのが、「余裕」を設けることです。

計画の際、予想外の事態や突発的なトラブルが発生することも想定し、時間や費用に余裕を持つことが必要です。例えば、何らかの理由で納期が遅れそうな場合でも、余裕を持ってスケジュールを組むことで、計画通りに進行する可能性が高まります。

下記の表は、余裕を設けることで達成可能な効果と、その具体的な方法を示したものです。

達成可能な効果具体的な方法
ストレス軽減予定に対して10-20%の余裕を持つ
品質向上予定外の時間を利用して再確認や修正を行う
信頼性向上余裕があると納期遅延リスクを下げる

このように、余裕を設けることは計画錯誤を防ぐだけでなく、プロジェクト全体の品質や信頼性向上にも寄与します。

6.まとめと心掛けるべきこと

計画錯誤とは、予定よりも多くの時間やリソースが必要となる状況を指す言葉で、楽観主義や過去の経験を参考にしない傾向、自己評価の過大評価などが原因となります。これを防ぐためには、人の性質を理解し、タスクを小さく分割し、目的を明確化し、過去の計画を参考にし、余裕を設けることが重要です。

具体的には、以下の表のように対策を明確にすることで計画錯誤を防げます。

対策具体的な方法
人の性質を理解する個々の特性や能力を考慮した計画作り
タスクを小さく分割するタスク管理ツールを活用した進行管理
目的を明確化するSMART目標設定法の活用
過去の計画を参考にするレトロスペクティブを開催、教訓の共有
余裕を設けるバッファ時間を設けたスケジュール作り

この知識を活かし、計画を立てる際は可能な限りリアルな視点で見ること、そして柔軟性を持つことが成功の鍵となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次