モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

レセプターとは?用語を使い方と合わせてわかりやすく解説

目次

用語説明

「レセプター」とは、受容器や受信装置を指す言葉で、特定の情報や刺激を受け取るための装置や構造を指します。

具体的な使用シーン

シーン1

医療の現場で、医師が患者に薬の効果を示すために、特定の薬物が特定の受容器でどのように作用するのかを説明する際に使われます。

シーン2

コーチングセッションで、クライアントが新しいアイデアや考え方を受け入れるためのフレームワークとして、レセプターの概念が紹介されます。

シーン3

コミュニケーションのトレーニング中に、相手の言葉や表情を受信し、理解するプロセスを示す際に、レセプターという言葉が使われます。

ユニ

「おはよう!レセプターってさ、まるでスマホの受け取ったメッセージみたいに、私たちの体が情報や刺激を受け取るんだよ!もしかしたら、昨日のテストの結果を受け取るときにも、レセプターが使われてるのかもしれないね!」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次