モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

チーム力を飛躍的に向上!「人を育てる才能」の伸ばし方5ステップ

目次

1.はじめに:「人を育てる才能」とは

「人を育てる才能」とは、一体何でしょうか。これは単に他人のスキルを向上させるだけでなく、その人自身の可能性を最大限に引き出す力のことを指します。

具体的には以下の3つの要素が含まれます。

  1. 理解力:それぞれの人が持つ特性や強みを理解する。
  2. 育成力:その特性や強みを伸ばすための適切な環境や機会を提供する。
  3. マネジメント力:個々の強みをチーム全体の成果に結びつける。

これらの要素を組み合わせて「人を育てる才能」を身につけることで、チーム力が飛躍的に向上し、組織全体のパフォーマンスを高めることが可能です。本記事では、「人を育てる才能」の伸ばし方について詳しく解説していきます。

2.人を育てる基盤:ポジティブな人間観が必要な理由

(1)リーダー自身の意識がポジティブになる

リーダー自身がポジティブな人間観を持つことで、まずはその意識が肯定的に変わります。心理学では「セルフフルフィリング・プロフェシー(自己成就予言)」という概念があります。これは、「人は自分が思い込んだ通りに行動する」というものです。

具体的には、リーダーが部下をポジティブに評価すると、その意識が行動に反映し、結果として部下も肯定的な行動を取るようになります。逆に、リーダーがネガティブな見方をすれば、それが現実となる可能性もあります。

例えば、部下の能力や可能性を信じるという肯定的な意識を持つと、それは以下のように行動に反映されます。

リーダーの意識リーダーの行動
部下を信じる挑戦させる
部下の強みを見つける強みを活かす仕事を任せる
部下の成長を期待するフィードバックを頻繁に与える

このように、リーダー自身のポジティブな意識が、部下を育てるための行動に繋がるんです。

(2)メンバーのモチベーションが上がる

メンバーのモチベーションを引き出すのに、ポジティブな人間観を持つことが大切です。それは、人は基本的に成長する可能性を秘めているという信念に基づいています。リーダーがその可能性を信じ、期待することで、メンバー自身も自己の能力を信じ、自己成長へ向けたモチベーションが上がります。

具体的な方法として、以下の2つをご紹介します。

  1. 期待の言葉を伝える:「あなたならできる」という、リーダーからの期待の言葉はメンバーの自己効力感を高めます。
  2. フィードバックを積極的に行う:具体的な行動や結果に対してポジティブなフィードバックを行うことで、メンバーは自分の成果を認識し、自己成長への意欲を感じます。

以上のように、「人を育てる才能」には、ポジティブな人間観とそれを具現化する行動が不可欠です。

(3)メンバーの強みが引き出される

「人を育てる才能」のもつ一つの特徴として、「メンバーの強みが引き出される」ことがあります。これは、ポジティブな人間観を育むことが直接的に繋がる要素です。

まず、チームメンバーそれぞれが自身の強みを意識できるようになります。肯定的な人間観からは、「自分には強みがある」という自己認識が生まれやすくなります。それを踏まえ、具体的な行動を通じてその強みが表れる機会を提供します。

次に、リーダー自身がメンバーの強みを把握し、その強みを活かすための環境を作り出す役割があります。メンバーの能力やスキルは、適切な評価やフィードバックによって充分に活かされ、チーム全体のパフォーマンス向上に寄与します。

「人を育てる才能」は、個々の才能を発見し、それを最大限に活用することで、組織全体の成長を促進します。この文脈での「育てる」は、「引き出す」に近い意味を持ちます。

3.人を育てる才能:個々の強みを知る

(1)自分の大事にしている価値観から強みを見つける

個々の強みを見つけるためには、まず自分の価値観を明確にすることが大切です。それは、自分が何を重視し、何を大切に思うかを理解することで、その人の行動や考え方の源流を探ることができます。

たとえば、あるメンバーが「誠実さ」を大切にしているとしたら、その人は信頼性や細部への配慮が強みである可能性が高いです。反対に、「創造性」を重視する人は新たなアイデアや視点を持ち込む能力があるかもしれません。

この考え方を以下の表にまとめてみました。

価値観強み
誠実さ信頼性、細部への配慮
創造性新たなアイデアや視点

自己の価値観から強みを見つけることで、それぞれのメンバーが持つ才能や可能性を引き出す手がかりになります。

(2)定期的な面談で強みを見つける

「人を育てる才能」の一環として、定期的な面談は欠かせません。個々のメンバーとの対話を通じて、その人の強み、弱み、興味、価値観を把握することで、より適切な育成方法を見つけることが可能となります。

具体的には以下のようなステップで進めましょう。

  1. 面談の設定:月に1回程度の頻度で、個々のメンバーと面談を行います。その際には、事前にアジェンダを設定し、何を話し合うのか明確にします。
  2. 面談の内容:仕事に対する意欲、新たに挑戦したいこと、困っていることなど、メンバーの現状を理解します。また、振り返りを行い、強みや改善点を共有します。
  3. 面談後のフォローアップ:面談の内容をもとに具体的なアクションプランを作成し、メンバーの成長を支援します。

このように定期的な面談を通じて、メンバー一人一人の「強み」を見つけ、育成の指針とすることが「人を育てる才能」を伸ばすための重要なステップです。

4.人を育てる才能:個々の強みを伸ばす

(1)強みを発信させる

強みを発信させるためには、まず自身の強みを理解していることが前提となります。自分自身の強みを熟知することで、それを最大限に活用し、具体的にアクションに移すことが可能となります。

では、「強みの発信」を具体的にどのように進めていくべきでしょうか。以下、具体的なステップをご紹介します。

【ステップ1】自分の強みを挙げてみる まずは、自分が何に長けているのかを考え、リストアップしてみましょう。自己理解の一環として非常に有効です。

【ステップ2】他者からのフィードバックを得る 次に、周囲の人々に自己評価を求めてみましょう。他人の視点から見た自分の強みを知ることで、自己理解を深めることができます。

【ステップ3】強みを活かす行動を計画する 最後に、これまで得た情報をもとに、自分の強みを最大限に活かす行動計画を立てます。具体的な行動が見える化されることで、より強みを活かす意識が高まります。

これらのステップを踏むことで、自身の強みをより具体的に理解し、それを発信することが可能となります。

(2)強みを活かす仕事に挑戦させる

強みを活かす仕事にチームメンバーを挑戦させてみましょう。このステップでは、各メンバーが自身の強みを最大限発揮できる仕事環境を提供します。

まず、各メンバーの強みを理解するための一覧表を作成します。

メンバー強み
Aさん責任感、実行力
Bさんコミュニケーション能力、創造性

次に、これらの強みを最大限に活かせる仕事内容や役割を考え、割り当てます。Aさんには、期限厳守が求められる役割を、Bさんには、新しいプロジェクトの立案などを任せてみると良いでしょう。

そして、彼らが自分の強みを活かすことで成功体験を積むことができれば、自信と成長への意欲が増すはずです。これが、「人を育てる才能」をもつマネージャーが目指すべき目標です。

(3)失敗してもセカンドチャンスを与える

「人を育てる才能」を持つリーダーとして、大切なのはメンバーの失敗を許容し、その経験を成長につなげる環境を提供することです。

失敗は避けられないことですが、それを恐れてチャレンジしないよりも、失敗を通じて学んだ経験は、個々の成長にとって大きな財産となります。例えば、以下のように行動することで、メンバーは安心して新しい挑戦ができる環境を整えることが可能です。

  1. 失敗しやすい状況では、その可能性を事前に共有し、理解を得る
  2. 失敗した場合でも困難を乗り越えるための支援を約束する
  3. 失敗から学ぶためのフィードバックを行う

失敗自体がマイナスではなく、その後の反省や改善により「セカンドチャンス」が生まれるのです。これが「人を育てる才能」の一端と言えるでしょう。

5.人を育てる才能:強みを活かすマネジメント

(1)適材適所の抜擢

「人を育てる才能」を発揮するための重要なステップとして、適材適所の抜擢が挙げられます。これは、チームメンバー一人一人の強みを正しく理解し、その強みを最大限に活かせるポジションに配置するということです。

たとえば、誰もが認めるアイデアマンがいるとします。しかしその人が日々の業務をこなすのが苦手であれば、創造的な業務に専念させる方が、その人の才能を最大限に引き出しチームに貢献できます。逆に、細部にこだわり日々の業務を着実にこなす人がいれば、その人をプロジェクトマネージャーのポジションにすえることで、プロジェクト全体をスムーズに進める大きな力となります。

適材適所の抜擢には、個々の強みを理解するだけでなく、それをどのように活かすかという視点が求められます。これが「人を育てる才能」の一端と言えるでしょう。

(2)障害を乗り越えられるようなイメージトレーニングの提供

「人を育てる才能」を発揮する上で重要なのが、チームのメンバーが自身の障害を乗り越えられるようなイメージトレーニングを提供することです。

具体的には、次のようなステップを踏んで行います。

  1. メンバー個々の課題を把握する:まず各メンバーがどのような課題に直面しているのかを把握します。これには定期的な面談やフィードバックが有効です。
  2. イメージトレーニングの導入:課題を把握したら、それを乗り越えるためのイメージトレーニングを導入します。一般的には、実際にそれらの課題に直面した状況を想定し、どのような解決策があるかを考えてもらうことです。
  3. フォローアップ:イメージトレーニング後、実際の作業にどの程度反映できているかを確認します。この際、改善点や新たな課題が見つかったら再度イメージトレーニングを行うと良いでしょう。

これらのプロセスを繰り返すことで、メンバーは自身の強みを活かすだけでなく、障害を乗り越える力も身につけることができます。

6.まとめ:「人を育てる才能」の持つ可能性とその伸ばし方

「人を育てる才能」とは、組織全体をより高いレベルへ引き上げる強力なエンジンです。この才能を持つリーダーは、個々の強みを引き出し、活かすことで、チーム全体の生産性と満足度を向上させます。

「人を育てる才能」の伸ばし方については、以下5つのステップが有効です。

  1. ポジティブな人間観を持つ
  2. 個々の強みを知る
  3. 個々の強みを伸ばす
  4. 強みを活かすマネジメントをする
  5. 乗り越えるべき障害に対するイメージトレーニングを提供する

これらのステップを実践することにより、「人を育てる才能」は大きく伸び、組織の成長に直結します。個々の力を最大限に発揮させ、多様な人材が協力し合う強固なチームを作り上げることが可能となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次