モヤモヤを話して整理しませんか?30分無料相談受け付け中!

MBTIのアルファベットの意味を知って、あなたのパーソナリティを深掘りしよう!

目次

1. はじめに: MBTIのアルファベットの意味とは?

MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略で、個々の性格を16種類のタイプに分類する心理学的ツールです。各タイプは4つのアルファベットで表されます。それぞれの文字は、人の思考や行動パターンを示す頭文字となっています。

具体的には、「E」or「I」、「S」or「N」、「F」or「T」、「P」or「J」の組み合わせから成ります。

文字意味
EExtraversion (外向性)
IIntroversion (内向性)
SSensing (具体性)
NIntuition (直感性)
TThinking (思考性)
FFeeling (感情性)
PPerceiving (知覚性)
JJudging (判断性)

これらの文字を理解することで、自分自身や他人の行動パターンをより深く理解することが可能となります。

2. MBTIとは何か?

MBTI診断の概要

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicator(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケータ)の略で、個々人の性格を16種類のタイプに分けて表現する診断ツールです。この診断方法は、スイスの精神科医カール・ユングの理論を母娘のカタリン・ブリッグスとイザベル・ブリッグス・マイヤーズが発展させたものです。

MBTI診断では、4つの尺度に基づいて個性を判断します。すなわち「エクストラバート(E)かイントロバート(I)か」「センシング(S)かイントイティブ(N)か」「シンキング(T)かフィーリング(F)か」「ジャッジング(J)かパーシービング(P)か」の4つです。これらを組み合わせることで、独自の16のパーソナリティタイプが描かれます。

MBTIの歴史とその目的

MBTIは、マイヤーズ=ブリッグスタイプ指標とも呼ばれ、1943年にアメリカで母娘のカテリン・クック・ブリッグスとイザベル・ブリッグス・マイヤーズによって開発されました。彼女たちは、人々の行動パターンを理解し、それぞれが自分自身と他者をより深く理解する道具を提供することを目指していました。

MBTIの目的は、人々の自己理解を深め、自分自身と他者との関係を向上させることです。これは、個々の性格タイプを認識して理解することで可能となります。この理解は、職業選択、チームビルディング、リーダーシップ開発など、さまざまな個人的および職業的な状況に適用可能です。

3. MBTIのアルファベットの詳細な解説

1文字目 「E」 or 「I」の意味と特性

MBTIのアルファベットの1文字目は「E(Extraversion)」か「I(Introversion)」となります。この文字は、個々人がエネルギーをどのように得るのか、対外的な環境と対内的な環境のどちらに向かいやすいのかを示しています。

「E」はエクストラバージョン(外向性)を表し、人々と交流することからエネルギーを得る性格を示します。対話やグループ活動を通じて新しいアイデアを思いつくことが多く、周囲の活動に積極的に参加します。

一方、「I」はイントロバージョン(内向性)を表し、自己内省や独立した活動からエネルギーを得る性格を示します。独りで考えることを好み、思考を整理してから発言する傾向があります。

これらを理解することで、自分がどちらの性格タイプに近いのかを把握でき、自己理解を深めることができます。

2文字目 「S」 or 「N」の意味と特性

MBTIの二文字目にあたる「S」または「N」は情報の収集方法を示しています。具体的には、現実的な情報をどのように得て感じるか(S:Sensing)、あるいは直感によって情報を理解するか(N:Intuition)。

「S」(Sensing) 「S」のタイプの人々は「現実主義者」とも言えます。彼らは具体的で詳細な情報を重視し、五感を頼りに現実を直接経験することを好みます。

「N」(Intuition) 一方、「N」のタイプの人々は「直感主義者」とも言えます。彼らは抽象的な概念や可能性を探求し、直感を信じて情報を理解することを好みます。

「S」型と「N」型、どちらのタイプにも独自の強みがありますが、個々の興味や選好に応じて情報を処理する方法が異なります。

3文字目 「F」 or 「T」の意味と特性

MBTIの3文字目は「F(Feeling)」または「T(Thinking)」であり、これは個々の判断基準を示します。どのように物事を判断し、決定を下すかを表しています。

「F(Feeling)」タイプの人々は、「共感」や「価値」を中心に判断します。彼らは人々の気持ちや価値観を尊重し、人間関係の調和を重視します。

一方、「T(Thinking)」タイプの人々は、「論理」や「公平性」を重んじます。彼らは理論や原則に基づいて物事を分析し、論理的な説明を優先します。

以下の表は、「F」と「T」の違いを要約したものです。

FタイプTタイプ
優先する判断基準共感・価値観論理・公平性
重視する側面人間関係の調和物事の正確性

これらを理解することで、自分がどのように判断を行う傾向にあるか、あるいは他人との関係性を理解する上で役立ちます。

4文字目 「P」 or 「J」の意味と特性

4文字目の「P」はPerceiving(知覚型)、一方「J」はJudging(判断型)を表します。

「P」(Perceiving)を持つ人々は、情報を収集し終える前に判断を下すのではなく、可能性を広く探りたがる特性があります。行動は柔軟でスケジュールはオープンな傾向にあります。

一方、 「J」(Judging)を持つ人々は、情報収集を早めに終え、早く判断を下したいと願っています。彼らは計画的で、予定どおりに物事を進めることを好みます。

文字意味特性
PPerceiving(知覚型)可能性を広く探り、行動は柔軟
JJudging(判断型)早く判断を下し、計画的に行動

この文字により、あなたが情報をどのように取り扱い、日常生活をどのように計画するかが明らかになります。

4. MBTIの16タイプの独自性

MBTI|分析家タイプ(NT型)

MBTIの中でも「分析家タイプ(NT型)」は、直感(N)と思考(T)を組み合わせた4つの性格タイプを指します。このタイプに共通する特性は、論理的思考や問題解決に長け、目的志向で独自の視点を持つことです。

具体的には以下の4つに分類されます。

  1. ENTJ(指導者):強いリーダーシップと組織能力を持ち、困難な課題にも果敢に取り組むタイプです。
  2. INTJ(戦略家):洞察力と独立心が強く、複雑な問題を理論的に解決することを好むタイプです。
  3. ENTP(発明家):創造的で好奇心が旺盛、新しい可能性を追求し、順応力も高いタイプです。
  4. INTP(論理学者):理論や抽象的なアイデアに興味が深く、論理的思考を通じて新たな発見を追求するタイプです。

これらの特性を理解することで、自身の強みや改善点を知り、より良い職業選択や人間関係を築くことが可能となります。

MBTI|外交官タイプ(NF型)

MBTIのパーソナリティタイプのひとつ、”外交官タイプ(NF型)”は、直感的(N)で感情的(F)な特性を持つタイプです。このタイプの人々は、人間関係に深く関与し、他人とのハーモニーを大切にします。自分自身と他人が成長し続けることを目指し、自己啓発や社会改良に情熱を注ぎます。

表1: 外交官タイプ(NF型)の特性

特性説明
直感的未来を見据え、可能性を追求します。
感情的感情的な判断を重視し、人々との調和を求めます。
成長志向自己改善と他人の成長を目指します。
理想主義理想的な世界を追求し、社会改良に対する情熱があります。

外交官タイプは4つあり、INFJ、INFP、ENFJ、ENFPと呼ばれます。各々が独自の特性を持つため、具体的な特性や行動パターンは、それぞれのタイプによります。

MBTI|番人タイプ(SJ型)

MBTIの「番人タイプ(SJ型)」は、「S」(具体的感覚)と「J」(判断)の特性を持つ人々を指します。彼らは伝統を重んじ、実用的で信頼性が高いとされます。

■ 特徴

  1. 安定性と順序を重視
  2. 詳細にこだわる
  3. 責任感が強い
  4. 時間管理が得意

SJ型の人々は一貫性と信頼性を優先し、計画的なアプローチを好みます。理想よりも現実を重視し、ルールと手続きを尊重します。このため、彼らはしばしばリーダーや管理職に見出されます。

このタイプの人々は、組織や社会が円滑に機能するための「番人」であり、伝統や規則を守ることを大切にします。具体的で現実的な観点から事物を捉え、確実に目標を達成するための道筋をつけることが得意です。

MBTI|探検家タイプ(SP型)

「探検家」タイプは、MBTIの16パーソナリティタイプのうち、「S」(感覚)と「P」(知覚)の文字を持つ4タイプを指します。具体的には「ESTP」「ESFP」「ISTP」「ISFP」の4つです。

これらのタイプの人々は、現在を生き生きと体験し、具体的で実用的な情報を集め、それを使って問題を解決することを得意としています。

タイプ特徴
ESTP現実的で、即座に問題解決に取り組む
ESFP自由奔放で、人々とのコミュニケーションを楽しむ
ISTP分析的で、物事を分解・組み立てることが得意
ISFP調和を重んじ、美的な表現に敏感

彼らは自由と行動を重視し、常に新しいものを探求する姿勢を持っています。この理解は、彼らとのコミュニケーションや彼ら自身のキャリア選択に役立ちます。

5. MBTIアルファベットの実生活への適用

MBTIタイプごとの適職とキャリア選択

MBTIの結果は、自己理解を深めるだけでなく、キャリア選択にも影響を与えることが可能です。例えば、「E」(外向的)タイプの人は、人々との接触が多い職業に向いています。一方、「I」(内向的)タイプの人は、独立した作業を行う職業が適しています。

また、「S」(現実的)タイプは具体的な事象に基づいた仕事を、一方「N」(直感的)タイプは抽象的なアイデアに基づいた仕事を好む傾向があります。

「F」(感情的)タイプと「T」(思考的)タイプの間での適職の違いも見られます。「F」タイプの人は人間関係に重点を置く職業に向いており、「T」タイプの人はロジカルな思考を必要とする職業に適しています。

最後の文字、「P」(知覚型)と「J」(判断型)もまた職業選択に影響を与えます。「P」タイプの人は開かれた環境でよく働き、「J」タイプの人は計画的な環境で最高のパフォーマンスを発揮します。

以上のように、MBTIの結果は自分がどのような職業に向いているか、どのような環境で最高のパフォーマンスを発揮できるかを理解するのに役立ちます。

MBTIタイプごとのコミュニケーションスタイル

それぞれのMBTIタイプには、独自のコミュニケーションスタイルがあります。理解を深め、円滑なコミュニケーションを取るためにも、それぞれの特性を把握することが重要です。

例えば、「E」(外向性)の人は、グループで活発に話すことを好みます。一方、「I」(内向性)の人は一対一の深い会話を好む傾向があります。

また、「T」(思考型)の人はロジック重視で、事実に基づいた情報交換を好みます。それに対し、「F」(感情型)の人はエンパシーを大切にし、感情的な共感を重んじるでしょう。

これらは一例で、その他にも「S」「N」「P」「J」それぞれがもつ特性により、コミュニケーションスタイルは多様になります。MBTIのアルファベットを理解し、他者とのコミュニケーションに活かしてみてください。

MBTI診断の活用法:自己理解、チームビルディング、パートナーシップや友情の築き方

MBTI診断は、自己理解のための強力なツールとして活用できます。自分がどの性格タイプに属するかを理解することで、自身の強みや弱みをより深く探求し、自己改善を図ることが可能となります。

また、ビジネスの世界では、MBTI診断はチームビルディングに大いに役立ちます。各メンバーの性格タイプを把握することで、互いの違いを理解し、より効率的なコミュニケーションや協力関係を築くことができます。

さらに、パートナーシップや友情を築く上でもMBTI診断は有用です。異なる性格タイプの人々と円滑に関わるための洞察を得ることが可能となり、より深い人間関係を構築するための指南書とも言えます。

6. MBTIに関するよくある質問

MBTIのテストの正確性はどれくらいですか?

MBTIのテストの正確性について話す際、まずは、このテストがあくまで自己理解を深めるためのツールであることを理解することが大切です。絶対的な「正」や「誤」を決めるものではありません。

それぞれの人が持つ個性や性格の傾向を見つけることが目的で、それにより自分自身と他者の理解を深めるための手助けをします。したがって、正確性という観点から見ると、自己理解を高める手段として非常に役立つことが一般的に認められています。

ただし、このMBTI診断はあくまで一つの視点であり、全てを説明するものではないため、結果に囚われ過ぎず、多面的な視点から自己理解を深めることが重要です。

MBTIの性格タイプは、生涯で変わることはありますか?

MBTIの性格タイプが生涯で変わるかどうかは、時として議論の対象となります。しかし、MBTIの基本理念は、私たちの性格タイプが基本的には生まれつきのもので、生涯を通じて一貫していると考えています。

しかし、それは私たちが成長し、経験を積むことで自己理解を深め、性格の異なる側面を開発しないことを意味するわけではありません。たとえば、「E」(外向)タイプの人が年を重ねる中で「I」(内向)的な行動を学ぶことは十分可能です。

以下の表は、この概念を示しています。

年齢「E」タイプの行動「I」タイプの行動
<20歳“集団で行動することが多い”“1人で過ごす時間を重視”
>40歳“1人で過ごす時間を増やす”“他人との関わりを大切にする”

したがって、性格タイプが完全に切り替わることは少ないものの、個々の傾向は一定の変化を見せることが確認されています。

MBTIの結果を職業選択やキャリアプランニングに活用することはできますか?

はい、その活用が可能です。MBTIの診断結果が示すあなたの性格タイプは、適職や適合するキャリアパスを見つける際の重要な手掛かりになります。例えば、外向的で感覚型の「ES」タイプは、営業や広報など人と接することが多い職業に向いているとされています。

また、思考型で判断型の「TJ」タイプは、分析力や計画性が求められる仕事、例えばプロジェクトマネージャーやエンジニアに適していると考えられます。

しかし、これはあくまで一つの指標であり、個々のスキルや経験、興味も重要です。MBTIの結果は自己理解を深め、適職を見つける一助となるツールと捉えてください。

7. まとめ: MBTIのアルファベットの理解によるパーソナリティの深掘り

MBTIのアルファベットが示す各性格特性を理解することで、自己理解が深まり、人間関係の質が向上します。それぞれのアルファベットは以下のように解釈できます。

アルファベット意味
EExtraversion (外向性)
IIntroversion (内向性)
SSensing (現実感覚)
NIntuition (直感)
TThinking (論理的思考)
FFeeling (感情)
PPerceiving (柔軟性)
JJudging (計画性)

これらを組み合わせることで、16種類の性格タイプが生まれます。自分自身のタイプを知り、他者との適切なコミュニケーション方法や適職を見つける参考にすることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発本やビジネス書など、年間100冊以上を読む運営者が古今東西の自己啓発をおまとめ。明日の自分がちょっと楽しみになるメディアを目指しています。

目次